外科・消化器外科・肛門科のご案内

徳島県東部Ⅱ医療圏に於ける中核的基幹病院である当院の中で、外科系学会の専門医、指導医が多く勤務している当科は、一般、消化器外科、乳腺、肛門外科を中心に、地域の先生方と緊密に連絡をとりながら質の高い外科治療を提供させていただいております。

外来診療ご案内

曜日
午前・1診 三浦 豊田 佐藤 鷹村 豊田(乳腺専門外来)
午前・2診 野間 三浦(新患・急患)
午後・2診 ※1

※1徳島大学 形成外科 医師(第2・4週)

※急患については上記時間外でも随時対応させていただきます。

乳がん検診:(月)、火、金の午前中となります。

外科肛門科の紹介

診療部長 徳島大学臨床教授 三浦 連人

専門分野:一般消化器外科、肛門、乳腺外科

・日本外科学会専門医・指導医 ・日本消化器外科学会専門医・指導医 ・日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医 ・日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 ・日本消化器病学会消化器病専門医 ・日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医 ・厚生労働省麻酔科標榜医 ・マンモグラフィ読影評価A ・日本医師会認定産業医

診療部長 佐藤 宏彦

専門分野:一般外科、消化器外科、ヘルニア

・日本外科学会専門医・指導医 ・日本消化器外科学会専門医・指導医 ・日本小児外科学会専門医 ・消化器がん外科治療認定医 ・日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 ・日本臨床外科学会評議員・日本内視鏡外科学会技術認定医

外科主任部長 鷹村 和人

専門分野:一般外科、消化器外科
・日本外科学会認定医・専門医 日本消化器外科学会専門医・指導医
 日本肝胆膵外科学会評議員 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 日本DMAT隊員

 徳島緩和ケア研修会修了 徳島県臨床研修指導医養成講習会修了

外科部長 豊田 剛

専門分野:乳腺外科、消化器、一般外科

・日本外科学会専門医 ・日本消化器外科学会専門医 ・マンモグラフィ読影認定医

外科医長 杉本光司

 

 

 

外科肛門科の概要

 当科は、徳島大学外科関連施設で、大学病院との共同研究、人的交流等を積極的に行っています。 日本外科学会専門医制度修練施設、日本消化器外科学会専門医制度修練施設に認定されており、日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医が勤務いたしております。 身体に対する負担が少なく、入院日数が短縮できる鏡視下手術(腹腔鏡,胸腔鏡)を各種消化器癌、末梢肺疾患等に積極的に導入しています。また難度が高く、高い技術が要求される肝、胆、膵の悪性疾患の手術では、より完全な手術を日々心がけております。 癌治療においては、各種癌治療のガイドラインに沿って手術、抗癌剤治療等、それぞれの患者の皆様に適した治療法を選択し、提供しています。 癌を含め各種疾患にクリニカルパスを適用し、患者の皆様が治療に対して積極的に関与できるようになっております。 当科は、『患者の皆様の負担(肉体的、経済的、精神的)は最小限に、治療効果、治療に対する満足度は最大限に』をコンセプトに掲げ、スタッフ一同日々努力しています。 幅広い外科疾患を取り扱っているため、初期臨床研修医が多くの疾患を経験することができ、当院での外科研修をきっかけに将来外科医をめざす研修医も現れました。

診療内容

乳癌 乳癌は女性に最も多い癌であり、最近では日本人女性の12人に1人が乳癌になるとも言われています。近年の研究により個々の乳癌はそのタイプごとに細分化され、それぞれの人に合った最適の治療が選択されて行われるようになってきました。「乳癌は全身病である」との観点から、乳房に対する手術や放射線治療といった「局所療法」と、乳房以外に同時に存在する微小癌に対する「全身療法」を並行して行うことが原則となっています。現在では、6割の方に乳房温存手術が選択されるなど、局所療法は縮小される傾向にありますが、一方で全身療法としての抗癌剤治療、ホルモン治療、分子標的治療といった薬物療法がより重要視されるようになりました。当科ではそれぞれの患者さんにとって最適な治療が患者さんやご家族とともに選択され、それが安心して行われるよう、医師、看護師、薬剤師がチームとなって治療に取り組んでおります。吉野川医療センターとなって、徳島県では行える施設が数少ない乳房切除後の同時乳房再建術を開始し、また診断においてはデジタルマンモグラフィ撮影装置が導入され、そしてより正確な読影が可能となる高精細モニター診断も開始されました。一般・市町村検診から乳癌の診断・治療にいたるまで、高度な機器とともに最新の知見に基づいて患者さんとともに取り組んでまいります。

 

当院では以下のように乳がん検診を受け付けています。

 

※※重要※※
「乳房にしこりがある」「乳頭から血液が混じった分泌液が出る」
   などの何か症状がある方は、検診の予約はできません。
   必ず通常の外科外来を受診して下さい。
    (乳腺専門外来:火・金曜日の午前)

 

1.市町村検診として乳がん検診を希望される方
〇先に必ずお電話でのご予約をお願い致します。(0883-26-2222から外科外来)
〇検診は原則として、火曜日の午前・金曜日の午前・午後となります。
それ以外の曜日を希望される場合にも対応致しますが、この場合には対面診察が
出来ず、結果は後日郵送でのお知らせのみとなりますのでご了承下さい。
〇検診日当日、市町村から送られてきた受診券をお持ちになり来院して下さい。

 

2.受診券なしで乳がん検診(自主的検診)を希望される方
〇先に必ずお電話でのご予約をお願い致します。(0883-26-2222から外科外来)
〇検診は原則として、火曜日の午前・金曜日の午前・午後となります。
それ以外の曜日を希望される場合にも対応致しますが、この場合には対面診察が
出来ず、結果は後日郵送でのお知らせのみとなりますのでご了承下さい。
〇料金は検査の種類によって異なり、以下の通りとなっております・
※自主的検診の場合、保険診療とはなりません。

料金表(税込み)
エコー検査のみ             3,800円

マンモグラフィー検査のみ        5,800円

エコー・マンモグラフィ-検査(両方)  9,300円

 

マンモグラフィ、エコー検査ともに女性技師が担当します。
ただしマンモグラフィ検査については、状況により男性技師による撮影となる場合も
ありますので、ご了承下さい。

食道癌 きわめて早期に発見された食道癌は内視鏡による粘膜切除術で治療可能です。それ以外の食道癌については手術、放射線、抗癌剤による治療が必要となります。進行癌は全身病であるとの考えから、手術前に抗癌剤治療を行い、腫瘍を小さくしてから手術治療を行うことにより、体に負担の少ない手術が施行できます。手術が困難な場合、放射線と抗癌剤を組み合わせて治療を行います。この治療法で超進行食道癌を克服された患者さんもいらっしゃいます。
胃癌 胃癌診療のガイドラインに沿って治療を行っております。癌の広がりが粘膜内にとどまる粘膜内癌の場合、内視鏡による粘膜切除術を行います。進行癌の場合は標準的な手術術式である胃切除(胃全摘出術)+リンパ節隔清術を行います。内視鏡による治療の適応がない早期癌の場合、病巣の広がり等を考慮し、腹腔鏡を用いた手術(腹腔鏡下胃部分切除術、腹腔鏡補助下胃切除術、腹腔鏡補助下胃全摘術)など、患者さんの身体的負担の少ない手術法を積極的に導入しております。高度に進行して発見された胃癌については手術前に抗癌剤治療を行ってから手術することもあります。
大腸、直腸癌 2014年に大腸癌研究会から「大腸癌治療ガイドライン」が発表されました。「大腸癌治療ガイドライン」には、大腸癌の標準的な治療方針が示されており、大腸癌治療の均てん化、ならびに治療成績の向上と大腸癌患者さまのQOLの改善が重要であるとされており、当科ではこの「大腸癌治療ガイドライン」に沿った治療をこころがけています。粘膜内癌(M癌)、粘膜下層軽度浸潤癌(SM軽度浸潤癌)では内視鏡的切除術を行い、その他のStage IIIまでの早期~進行癌では腸管切除+系統的リンパ節郭清を行っています。従来は開腹手術が主流でしたが、当科では患者さんへの身体的負担の少ない腹腔鏡下手術を積極的に導入し、現在70%以上の割合で施行しています。さらに数年前までは永久人工肛門が造設されていた肛門に極めて近い直腸に発生した直腸癌には、永久人工肛門が不要な肛門を残す括約筋間直腸切除術を積極的に行っています。またStage III大腸癌および再発高リスクStage II結腸癌には術後補助化学療法を、転移・再発大腸癌にはUFT、S-1、カペシタビン、5-FU+I-LV(アイソボリン)、オキサリプラチンやイリノテカンを用いたSOX、CapeOX、IRIS、FOLFOX、FOLFIRI療法などを外来で行っています。また近年ではベバシズマブ、サイラムザ、ザルトラップ、セツキシマブ、パニツムマブ、レゴラフェニブのような分子標的薬を上記の抗癌剤治療に加えることにより著しい効果が報告されており、副作用などを考慮しながら積極的に使用しています。2014年より外来化学療法室、スト-マ外来が誕生し、大腸癌治療の向上と大腸癌患者さまのQOLの改善に努めています。
肝がん 肝臓にできるがんには肝臓原発のがん(肝細胞がん、肝内胆管がんなど)と他臓器に起因する転移性肝がんがあります。肝がんといえば一般に肝細胞から発生する肝細胞がんをさします。 わが国における肝がんの多くは,HBV あるいはHCV の感染による慢性肝炎,肝硬変を背景としています。他にアルコール性肝障害も原因となります。最近は.メタボリック症候群,肥満でみられる非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease: NAFLD)の増加に伴う非B非C型の慢性肝疾患を背景とした肝がんが漸増傾向にあります。肝がん診療ガイドラインでは、肝障害度と腫瘍のサイズ、個数に応じて、肝切除、ラジオ波などの局所治療、肝動脈塞栓術、全身化学療法、肝移植、緩和ケアを選択することが提唱されています。 肝臓は血管の枝分かれにより、小さな部屋に分かれます。がんは腫瘍近くの血流に沿って広がるために、腫瘍に近い血流が流れる領域を切除することが理にかなっており、個々の患者様の、残肝機能、腫瘍の大きさ、場所、個数などにより切除範囲を決定します。 がんの大きさや場所によっては腹腔鏡(補助)下手術も行っております。
転移性肝がん 肝臓にはあらゆる臓器の癌が転移をきたす可能性がありますが、原発臓器によって性質が異なります。例えば大腸がんの場合は、生物学的な悪性度が低いことが多く、また、原発性肝がんと異なり、背景肝の機能が良好であることが多く、肝切除によりすべて切除できれば、生命予後の改善が得られます。また、その他の一部の転移性肝癌でも切除が有効である可能性があります。
胆道がん 肝臓で合成された胆汁が流れるルートを胆道と呼びます。胆道癌には胆管癌と胆嚢癌があります。黄疸を伴っていることが多いため、まず貯まった胆汁を体内あるいは体外へ出して(減黄術)から、外科切除を施行します。胆道癌では外科切除が唯一根治できる治療法です。病巣が胆嚢や肝臓に近い部位の胆管の場合は肝切除を、十二指腸に近い部位の胆管の場合は膵頭十二指腸切除をそれぞれ併施します。
膵臓がん 膵臓がんはで発生する症状には、黄疸、腹痛、体重減少、などがあり、糖尿病が発見されたり、糖尿のコントロールが不安定になった場合には注意が必要です。腫瘍の部位により、主に膵頭十二指腸切除あるいは膵体尾部切除が選択されます。切除不能進行がんに対して、FOLFIRINOX療法、ゲムシタビン塩酸塩+エルロチニブ塩酸塩併用治療、ゲムシタビン塩酸塩+ナブパクリタキセル併用療法またはS-1単剤、ゲムシタビン単剤治療等を行っています
胆嚢結石症 胆嚢は袋状の臓器で、肝臓の右下に付着しています。肝臓で作られた胆汁は胆嚢で一時貯蔵され、収縮することにより、十二指腸へ胆汁を押し出し、消化を助けます。胆嚢結石が総胆管につながる胆嚢管に詰まると胆嚢炎を発症します。炎症の程度によっては点滴で治癒可能な場合もありますが、ひどい場合は緊急手術を必要とする可能性もあります。胆嚢結石があっても一生胆嚢炎を起こさない方もおいでますが、このような方は悪性病変の合併の疑い等なければ手術適応にはなりません。一度胆嚢炎になると、炎症が治まっても再発するriskが高く、胆嚢結石は良性疾患ではありますが、胆のう摘出術をお勧めします。現在は手術のほとんどが腹腔鏡下に行われており、創も小さく、入院も短期間(5日間前後)となっております。症例によっては単孔式胆のう摘出術も行っております。

鼠径ヘルニアは、別名脱腸とも言われます。脱腸は腸が脱することで、左右の太腿の付け根部分より腸が飛び出し、皮膚が膨隆している様のことを表します。性別では男性が多く、日本では年間14万~15万人が発症するとされています。治療法は、手術以外に方法はありません。手術には大きく2つの種類があります。1)皮膚を切開してヘルニア嚢を処理する方法:Tension-free法、2)腹腔鏡をお腹の中に挿入して処置を行う:腹腔鏡法です。現在、当科では2014年より患者さまの負担の少ない術式として腹腔鏡手術(TAPP)を導入し、80%の割合で施行しています。鼠径ヘルニアは良性の病気ではありますが、放置すると嵌頓(かんとん)になることがあり、その場合は緊急手術が必要になります。鼠径部の違和感があれば鼠径ヘルニアを疑って観察して、少しでも痛みがある、膨らみがある場合は一度受診して下さい。

 

ヘルニア外来のページは こちら

 

内痔核・脱肛 ◆内痔核・脱肛に対しては、2002年からPPH法を取り入れ、現在までに約200例の患者さんに施行いたしました。術後の痛みも少なく2~3日の入院ですむことから患者さんの満足度も高く、アンケ-ト調査の結果では85%の患者さんからご好評をいただきました。またさらに高い満足度をいただくために、切らずに治すと話題の新しい内痔核治療法であるALTA(ジオン)を用いた硬化療法を10年前から施行しております。ALTA(ジオン)は中国で開発された消痔霊という薬剤を改良して作られた薬剤で、従来の硬化療法と比べ効果が永続的で再発も少ないといわれております。ALTA(ジオン)を内痔核に注入するだけの治療ですので痛みも少ないことからご好評をいただいております。

具体的にALTA(ジオン)による硬化療法のスケジュールについて示します。

 

【手術当日】 8:30病院入院(当日起床後は水分のみ摂取可能)。

       9:30頃手術室入室   

          〇手術ベッドに左側臥位で横になる。   

          〇肛門周囲を消毒し、局所麻酔薬を注射    

          〇肛門内を肛門鏡で内痔核を観察しながらALTA(ジオン)を4段階

           注射法で内痔核内に注入。    

          〇注入部をよくマッサージ。    

          〇治療が必要な他の内痔核にも同様の手技でALTA(ジオン)を注入。   

          〇終了すれば病室に帰室。    

          〇昼食後異常なければ退院。

 

当院では原則的に局所麻酔で肛門周囲に麻酔をかけて行いますが、仙骨硬膜外麻酔や腰椎麻酔で

施行することもあります。 

外痔核も併存している場合は外痔核の部分を切除することもあります。

また入院は1日入院という形になります。 これら1連の費用は3割窓口負担で約5万円程度です。退院後1~2週間後外来受診し、経過を観察させていただきます。

 

 

徳島肛門疾患懇話会について

 

当懇話会の代表世話人をつとめさせていただいております吉野川医療センター外科、肛門科の三浦でございます。一言ご挨拶をさせていただきます。徳島では年間を通じ、日々目まぐるしく進歩している様々な医療の分野で、数多くの研究会,講演会が開催されております。徳島にいながら最新の医学知識に接することができる大変重要な機会となっています。肛門疾患の治療分野においても日々新しい治療方法が実臨床に導入されています。 四国では肛門疾患においては香川、愛媛、高知と立派な肛門疾患研究会が以前から存在し最新の肛門疾患診療を学ぶことができます。しかし残念ながら徳島では肛門診療に関する勉強会のような会合がありませんでした。何とか徳島で肛門疾患の勉強会が開催できないものかと徳島大学消化器、移植外科島田教授にご相談申し上げましたところ、島田先生がバックアップをいただき、徳島肛門疾患懇話会を立ち上げることができました。このような会は継続していくことが大切です。本会が末永く続いていくことを期待しています。

 

徳島肛門疾患懇話会代表世話人: 吉野川医療センター外科、肛門科 三浦 連人

世話人:水の都脳神経外科:中川達夫

宮本病院 宮本 英典

徳島大学消化器移植外科 東島 潤

三木達医院 三木 達

第一回徳島肛門疾患懇話会 案内

第二回徳島肛門疾患懇話会 案内

肛門・排便トラブル解決セミナー

第四回徳島肛門疾患懇話会 案内

救急疾患 腹部救急疾患や交通事故等の外傷に対して救急診療を行っています。 1.外傷 ・ 胸部 ⇒ 血胸・気胸、肺挫傷 ・ 腹部 ⇒ 肝損傷、脾損傷、腸管破裂等の臓器損傷、腹腔内出血 ・ 動物咬傷(マムシ等) 2.腹部救急疾患 ・ 虫垂炎 ・ 汎発性腹膜炎(胃・十二指腸潰瘍穿孔、大腸憩室炎穿孔 等) ・ ヘルニア嵌頓 ・ 腸閉塞、急性胆嚢炎、閉塞性黄疸